日本マインドフル・リーダーシップ協会
ジョン・カバット・ジン博士について

Dr. Jon Kabat-Zinn

マサチューセッツ医科大学名誉教授。日本マインドフル・リーダーシップ協会顧問。長年の仏教瞑想実践に基づき、仏教瞑想から宗教的要素を除いたマインドフルネス瞑想に基づくプログラム、MBSRを開発。自身が同大内に創設したストレス逓減クリニックで病院患者に瞑想指導を行う。ビジネスリーダー向け瞑想プログラム、Power of Mindfulnessを開発。シリコンバレーのハイテク企業リーダー向けリトリートをはじめ、世界各地で社会人向け瞑想指導を行い、欧米におけるマインドフルネス瞑想指導の第一人者と目されている。

カバット・ジン博士からのメッセージ

 
June 2014

Dear my colleagues, Teruo and Junko:

As you know, it is now over thirty four years ago that I first introduced mindfulness within a mainstream medical setting by teaching mindfulness to patients referred to Stress Reduction Clinic for the program that later became known as MBSR (mindfulness-based stress reduction). Especially in the past ten years, thanks to the rigorous research base that has been developing in the fields of neuroscience and clinical medicine and psychology, MBSR and related programs modeled on it have spread into many different sectors of society within and outside the United States. Business is one of the areas where leaders have recognized the benefits of mindfulness, not only in enhancing corporate performance but also for enhancing the well-being of their employees and to optimize innovation, teamwork, and effective leadership.

As we have discussed on various occasions when we met in Tokyo and New York, ironically, Japan stands out as one of the few developed economies where mindfulness meditation remains virtually unknown to people outside the circle of mental health practitioners. And here lies the "raison d'etre" for your new organization.

I know both of you deeply appreciate what it means to be mindful through your direct experience of the practice of mindfulness meditation in not only weathering and withstanding life's hardships in business and personal life, but in ultimately transcending stress and pain and catalyzing greater flourishing in both areas. I fully support the ideas and aspirations behind your initiative, and trust that you will make invaluable contributions to the enhancement of the well-being of business persons in Japan.

I am looking forward to working with you, and I stand ready to provide any support you may need as you go forward.

With warm best wishes,

Jon Kabat-Zinn

Professor of Medicine emeritus

Founder of MBSR and the Center for Mindfulness in Medicine, Health Care, and Society

University of Massachusetts Medical School

Developer of The Power of Mindfulness retreats for corporate leaders, and co-instructor of mindfulness retreats for leaders in the Tech Community in Silicon Valley.


(和訳)

2014年6月

親愛なる仲間、テルオ、ジュンコへ

ストレス低減クリニックにおいて、伝統的西洋医学の枠組みのなかで患者さんに対して私がマインドフルネス瞑想プログラムの指導を始めてから、34年が経過しました。そのプログラムが現在MBSR(Mindfulness Based Stress Reduction)として知られているものです。神経科学、臨床医学、心理学をはじめとする諸分野での研究の進歩により、特にこの10年の間に、MBSRならびにMBSRに基づく様々なプログラムが、米国および諸外国の様々な分野に普及しました。ビジネスもそのような分野の一つで、企業業績の向上のみならず、従業員個々人の福祉の改善、更にはイノベーション、チームワーク、リーダーシップなどの強化におけるマインドフルネスの効果を、多くのビジネスリーダーが認識するまでになっています。

東京やニューヨークでお会いした際に何度もお話したように、日本では、メンタル・ヘルス関連の専門家を除くと、マインドフルネス瞑想はほとんど知られていないのが現状です。その意味で、日本は先進国のなかで特異な存在といえます。日本マインドフル・リーダーシップ協会の存在意義はまさにこの点にあると言えます。

ビジネスや個人生活のなかで起こる様々な困難を耐え、生き抜く上で、そして、究極的には、ストレスや苦しみを乗り越えて、ビジネスにおいても個人生活においてもより高い次元の自己実現を図る上で、マインドフルであるということがどのような意味と価値を持つかについて、マインドフルネス瞑想の実践を通して、お二人が深い理解を持っていることを私は知っています。あなた方が始めようとしている新たな活動の基となる理念と志を私は全面的にサポートするとともに、日本のビジネスパーソンの福祉の向上に貴重な貢献をされることを信じてやみません。

今後様々な面で一緒に活動できることを楽しみにするとともに、必要とされる支援は喜んで提供させて頂く所存です。

ジョン・カバット・ジン

マサチューセッツ医科大学名誉教授

MBSRおよびマサチューセッツ医科大学Center for Mindfulness in Medicine, Health Care, and Society創設者
ビジネスリーダーのための「The Power of Mindfulnessリトリート」プログラム開発者/シリコンバレーのハイテク・リーダーのためのマインドフルネス・リトリート指導者
お問い合わせ
CONTACT
  • 03-3556-2031
    (9:30~18:30)
  • address
    〒102-0082
    東京都千代田区一番町8 住友不動産一番町ビル8階(イー・アソシエイツ㈱内)
inserted by FC2 system